トップ > 輪ゴム手品の種明かし > 輪ゴム手品 やり方

 

輪ゴム手品 やり方

輪ゴムを引く

輪ゴム手品やり方について

紹介します。

 


ここで紹介する輪ゴム手品の種明かしは、

親指を貫通する手品です

 


これは昔、テレビで手品の種明かし番組が

はやった頃に、

 

覚えたものですが、 結構使えるかと思います。

 

 

 

やり方をマスターして、見せて上げてから、

一緒にやってみるのも、その場が 盛り上がることと

思います。

 


まずは、左手の親指に輪ゴムをかけます。

 



輪ゴムをねじる

 

次に輪ゴムを写真のように

ひねります。






 

 

 


輪ゴムに人指し指をかける

 

次に、左手の人指し指で、

外側の輪ゴムを写真のように

ひっぱります。




 

 

 



輪ゴムをもう一度ねじる

 

 

そのままの状態で、右手を手前側に

回転させてきます。



 


 

 



輪ゴムをひっかける

 

ここで、左手の人さし指を、

親指の付け根付近に

ひっぱるようにして

持っていきます。




 

 




輪ゴムにかかっている人指し指を抜く

 

そして、左手の人さし指を輪ゴム

から抜くと、

 

左手の親ゆびの付け根あたりに

玉ができて、

 

それが引っかかっている状態になります。

 



輪ゴムが貫通する手品

最後はゆっくりと、右手人さし指と親指を

広げながら、輪ゴムをずらしていくと、

 

 

 

さきほど作った玉が外れて、

輪ゴムが外れます。

 


まるで、輪ゴムが親指を貫通している

ように見えます。

 



この輪ゴム手品は、一連のひっかけまでをスムーズに

できるように なることが大切です。

 

 

 

何度も練習して、もたつかないようになりましょう。

 

 

 

おそらく、ひっかかりのところの感覚が一番難しい

ところかと思いますが、

 

 

 

何度も練習しているうちに、玉の引っ掛かる

感覚が分かってきます。

 


 

その感覚が分かってきたら、余裕を持って

見せることができてきます。

 

 

 

そして、最後の貫通するところだけは、ゆっくりと、

間を持ちながら、


一気に貫通するように見せるとよいでしょう。

 

 

[ スポンサードリンク】