トップ >  お札手品の種明かし > お札が手から出現する手品

 

お札が何もっていない手から出現する手品

手には何も持っていないのに、

 

いつのまにか お札が現れる手品の

種明かしとやり方を紹介します。

 

 

お札やお金に関する手品はウケます。

 

 

「お金が増える」というのは

ヒトが持っている夢なので

みんなが興味を示します。

 

 

そんなお札を使った手品で、

何も道具がいらないで、

 

 

即席でできるとしたら、

忘年会や新年会などの

宴会や飲み会でも使えますし、 盛り上がります。

 

 

 

あなたが提供する一つのネタで、

飲み会とか盛り上げれば

 

 

みんなが喜んでくれますし、

人気者になれるかもしれませんね。

 

 

2012年12月16日放送のNHKの

MJ(ミュージックジャパン)では、

 

マギー審司さんとマギー司郎さんが登場して、

 


簡単な手品の種明かしとやり方を

ゲストのV6に教えていました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

 

その中で、お札が増えるという手品が

使えそうかなと思いましたので、

ここでご紹介します。

 

 

まず、右の手の平を正面に

見せると同時に、

 

左手で、右手の袖を軽くあげます。

 

 

 

 

 

 

 

次に左の手の平を正面に見せながら、

同時に 右手で、

 

左手の袖を軽くあげます。

 

 

 

 

 

 

そして両手を合わせて、

何かをこするような

しぐさを行い、

 

 

 

 

 

 

 

手を開けてみると、

一枚の千円札が現れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではこのお札が現れる手品の


種明かしとやり方を 解説します。

 

 

 

 

 

このお札が現れる手品のやり方は、

はじめにどこに お札をセットしておくのか?

 

ということになります。

 

 

お札を小さく折りたたんだら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初にセットしておくのは、

左手のヒジの関節側 の

ところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

この場所に折りたたんだ

お札を置いておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、左の腕を曲げた状態で、

お札をはさんで、

落ちてこないようにしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

手の平を見せる形をとると、

自然と腕を曲げることが できて、

お札を押さえておくことが

できますね。

 

この状態からはじめます。

 

 

 

 

 

まずは、右の手の平を見せながら、

左手で 右手の袖を上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、左の手の平を見せながら、

右手で左手の袖をあげる

フリをしながら、

 

左手のひじ関節にあるお札を

右手で持ってきます

 

 

 

 

そして、両手を合わてから、

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは、お札を広げて、

お札が現れた!というように

見せればOKです。

 

 

 

 

 

【スポンサードリンク】