トップ > 日用品を使った手品 > コップが消える手品のやり方

 

コップが消えてしまう手品のやり方、タイミングが大切

コップが消える手品コップが消える手品のやり方と種明かし

を紹介します。

 

この手品は、手作りで準備することが

できます。この手品は、

プロマジシャンのハマック柳田さんが、

2014年12月15日放送の

L4YOU!プラス で教えてくれたもの

です。

 

 

さっそく自分でも作って試してみました。

厚紙、コップ、お盆、ハンカチ、両面テープ

用意するのは、コップ、厚紙、両面テープ

お盆、ハンカチです。

コップはプラスチックのものでいいです。

より、リアル感を出すには、グラスが

いいのですが、

宴会とかであれば、プラコップで

よいと思います。

 

 

 

 

ペンでコップの線を描く

厚紙の上にコップの口元を置き、

ペンで線を描きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厚紙をハサミで切る

 

コップの口元を同じ大きさに

厚紙を切り取ります。

 

 

 

 

 

 

 

厚紙に両面テープを貼る

 

切り取った円形の厚紙に、

両目テープを貼ります。

厚紙で作らなくても、コップの口と

同じサイズのコースターがあれば

対応できます。

 

 

 

 

 

厚紙をハンカチに貼りつける

両目テープを張った円形の厚紙を

しっかりとハンカチの真ん中あたりに

に貼り付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

厚紙はハンカチの裏側で見えない

ハンカチを広げても、裏側に付いている

円形の厚紙は見えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コップの底に両面テープを付ける

 

次にコップの底にも、両面テープを

貼ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

お盆にも両面テープをつける

念のため、お盆のほうにも、

両面テープを張っておくと

よいでしょう。

 

これは、コップがお盆から落ちないように

固定するために、貼っています。

 

 

 

 

 

コップをお盆に貼り付ける

 

しっかりと、お盆のコップを貼り付けます。

お盆を横にしても、コップがお盆から

落ちてしまわないように

チェックしてください。

 

これで準備完了です。

 

 

 

 

お盆にコップがある状態

 

お盆にコップがあります。

コップの底は両面テープで

しっかりとお盆に貼りついている状態です。

 

 

 

 

 

 

 

コップにハンカチをかける

 

ハンカチをコップにかぶせます。

このとき、ハンカチの裏側についている、

円形の厚紙をコップの口と合わせます。

 

 

 

 

 

 

 

お盆を傾けてもコップは落ちない

ゆっくりお見せすると、お盆にコップが

両面テープでくっついているので、

本番のときは、素早くお盆の裏側を

見せて、コップが見えなように

します。

 

ンカチをとるのと、コップが見えないよう

お盆をひっくり返すタイミングをしっかり

とマスターしてください。

 

 

コップが消えたように見える

 

お盆の裏側をみせた状態で、

ハンカチを、ぱっと広げて

コップが消えたことをアピールして

終わります。

 

 

子どもに見せる場合は、完全に消えたことを

アピールして終わるのもいいでしょう。

宴会の場合は、最後にネタバラシをして笑いをとるのも、

盛り上がるかもしれません。

 

わざと、お客さんに突っ込まれるように、お盆をチラチラ見ながら

演技をして、最後に退場するときに、お盆のコップがくっついている

側を見せながら、ステージを去るのも、一つの演じ方です。

 

あなたのキャラクターや、宴会などの雰囲気に合わせて

演じてみてください。

 

【スポンサードリンク】